会社設立

会社設立前の経営計画入門

会社設立トップ資金繰り計画売上拡大計画利益計画税務上の注意点経理処理リンク集

「会社設立前の経営計画入門」について

「会社設立前の経営計画入門」の運営者について

 このHPの運営者は普段は会計事務所を営んでいます。神奈川県川崎市にある坂本会計事務所といいます。HPもありますので時間があれば検索してみてください。

会計事務所を営んでいてよく思うこと

 新しくお客様になる会社の中には設立したばかりの会社も多いのですが、会社設立の前、または会社設立直後から関与するとは限らず第1期目の終わりごろに契約にいたるケースも結構あります。その場合には会社設立前の経営計画に全く関われないことになってしまいます。
 会社設立前の経営計画は非常に重要で、会社設立前に経営計画をしっかり立てておかなかったために会社設立後の経営に苦労する会社は結構あります。そのため「会社設立前から関与していればもっと会社経営がうまくいったのに・・・」と思うことが頻繁にあります。

会社設立を計画している方はぜひご覧下さい

 このHPでは、会社をスムーズにスタートするために会社設立の前に最低限考えておいて欲しい経営計画などについてまとめています。このHPが会社設立を計画している方の何かしらのお役にたてれば幸いです。

会社設立を計画している方へ!

会社は最初の3年間が勝負です

 会社を設立して新しく事業を始める際には、事業が拡大していく期待と共に事業がうまくいかなくて倒産する不安もあると思います。一般的に会社は最初の3年間をうまく乗り切ればその後の経営も軌道に乗っていくようです。(見方を変えると最初の3年間で経営が悪化する例が多いということになります。)

会社設立の際に押えておくべき重要なポイント

 会社設立の際に押えておくべき重要なポイントはそんなに多くありませんし難しくもありません。ただこのポイントを知っているかどうかで会社設立後の最初の3年間は決まってきます。

会社設立前の経営計画について

 会社設立前の経営計画として最低限必要なものは次の3つです。

資金繰り計画

 会社設立前の経営計画として最も重要なものは資金繰り計画です。会社設立当初は資金が限られているため、資金繰り計画は大変重要です。資金繰りはものすごく良い必要はありませんが、資金繰りの悪化は非常に問題があります。利益が出ていても資金がショートすれば会社は倒産してしまいます。詳しくは資金繰り計画へ。

売上拡大計画

 売上が十分の上がらなければ利益が出ず資金繰りが悪化します。つまり倒産へと突き進んでいくことになります。少し厳しいようですが売上があがっていく仕組みが明確でないようでしたら、事業を始めるべきではありません。売上は資金繰りと利益に大きな影響を及ぼします。詳しくは売上拡大計画へ。

利益計画

 売上がいくら上がっても利益が出なければ、資金繰りは悪化していきます。利益を出すことは資金繰りを悪化させないために最も必要な事のうちの1つです。売上とコストのバランスをチェックして利益がしっかり出る仕組みを作らなければ会社は成長していきません。詳しくは利益計画へ。

「会社設立前の経営計画入門」のコンテンツ

資金繰り計画   資金繰りの悪化は倒産に直結します!
売上拡大計画   売上が上がっていく仕組みが無ければ事業は発展していきません!
利益計画     売上が上がっても利益が出なければ意味がありません!
税務上の注意点  会社設立直後に気をつけるべき税務上の注意点です
経理処理     経理処理がずさんでは、会社の資金繰りや損益の状況が全く分かりません


最終更新日 H28.5/30

【PR】中小企業経営